Follow Us:

この度はe-コンテスト「より良い未来のためのスキル」にご参加いただきましてありがとうございました。多数の応募を頂き、どの作品もとても素晴らしく審査員も選考に苦慮いたしました。日本からは、優秀作品2作品と、最終選考通過作品(奨励賞)が1点選出されました。結果の詳細やコンテスト全体の結果発表につきましては、ユネスコバンコク事務所e-contestページ(英語)をご参照ください。

優秀作品及び最終選考通過作品はユネスコバンコク事務所ホームページにて公開されます。

優秀作品 (賞品授与)

  • ビデオ部門:島根中央高校(代表:岩野光)「僕らならできる」
  • エッセイ部門:横浜市ヶ尾中学校(代表:平川理恵).「『学習する学校』づくりで21世紀型学校への改革」

最終選考通過作品(奨励賞)

  • 立命館守山高等学校(代表:田辺記子)「家を建てる 幸せを建てる ―今私たちができること―」

 

島根中央高校、横浜市ヶ尾中学校、立命館守山高等学校の皆様、本当におめでとうございます。

私たちを取り巻く環境はこれまでにないスピードで変化しています。このような状況に対応していくため、批判的・創造的思考力、コミュニケーション力、自制心や異文化理解など、教科学力のみではない多様な知識やスキル、いわゆる「21世紀型スキル」を育むことに関心が集まっています。日本も含まれるアジア・太平洋地域では、多くの国がこの新しいスキルの重要性を認識し、教育目標を変化させてきています。

より良い未来のため、私たちはどのようにこの重要な知識やスキルを学んでいけばよいでしょうか? 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)バンコク事務所と東京工業大学はアジア・太平洋地域の皆さんとこの問題を考えたいと思っています。現在、ユネスコと東京工業大学はこの地域における「21世紀型スキル」に対する経験を集めるため共同研究プロジェクトを実施中で、オーストラリア、韓国、中国、香港特別行政区(中国)、日本、マレーシア、モンゴル、タイという8つの国/行政区が参加しています。この研究プロジェクトの一環として当eコンテストは、学生や教員の皆さんからの意見を伺うことを目的としています。あなたにとって「より良い未来のためのスキル」とは何ですか?皆さんの学校生活や日常の中での経験や学びのためのアイディアを私たちに教えてください。皆さんの声を未来の教育政策に是非活かしてみませんか?

部門A:映像・ビデオ

  •  記録時間:3分程度
  • ファイル形式: mp4 またはmov
  • 言語:日本語
  • その他特記事項:作品にはクレジット(制作に関わった全ての人、団体等の名前を表示するもの)を含めること。また、作品内に第三者の著作物が含まれる場合、必ず使用許可を得て作品と共に提出すること。

部門B:エッセイ(小論文)

  • 文字数:最大2000文字(400字詰め原稿用紙5枚程度)
  • ファイル形式:PDFまたはMicrosoft Word ドキュメント(.doc)(手書きの応募は認められません)
  • 言語:日本語
  • その他特記事項:作品内で第三者の著作物等を引用した場合、出典を明記すること(形式自由)。

賞品

優秀な作品には、ビデオレコーダー(映像部門応募作品)、e-bookリーダー(エッセイ部門応募作品)をそれぞれ進呈する他、ユネスコバンコク事務所のウェブサイトや出版作品などを通じて広く周知されます。